カテゴリ
2006年06月04日

社長が贈り続けた社員への手紙

ちょっと前の本ですが、久しぶりに感動しました。

最近テレビでも良く見かけるワタミの渡邉社長が社員に贈り続けた手紙をまとめた本です。ワタミの初期の頃の奮闘振りがうかがえます。こうした社長の熱い想いを受け続けた社員は幸せだなと本当に感動しました。

社長が贈り続けた社員への手紙―フードビジネスの革命児が書いた人生に勇気が湧くメッセージ
社長が贈り続けた社員への手紙―フードビジネスの革命児が書いた人生に勇気が湧くメッセージ渡邉 美樹

おすすめ平均
stars厳しい!
starsリーダーのあるべき姿に感動!!
stars胃がチリチリと痛むような・・・
stars熱いメッセージです。
stars「真心」ということ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

中には厳しい内容もあります。社員からしてみれば本当に身にしみる物だったでしょう。サービス業とはこうあるべきだ、ワタミ社員はこうあって欲しいという想いが強いからこそどうしても厳しい内容になるのでしょう。厳しい中にも社員共々成功し、幸せになりたいという愛情が感じられます。

私の仕事は外食産業とは程遠いですが、渡邉社長の理念には十分感銘できます。サービス業とはこうあるべき、ワタミ社員はこうあるべきという思いで書かれた手紙ですが、ビジネスマンとはこうあるべき、もっと範囲を広げて社会人とはこうあるべきと言ってもいい過ぎではないような気がします。二回くらいは読んでもいい本でした。

最近テレビで渡邉社長を見るようになって、物腰の柔らかいしゃべり方、筋の通った理論、説得力のある話ですっかりファンになっておりました。この本を読んで更にその想いが強くなりました。

余談ですが、私の働いている会社が入っているビルの貸し会議室で、たまにワタミの会議が開かれています。ああした会議にも社長は出席なさっているのでしょうか。一度実際にお目にかかりたいものです。拝んでしまうかもしれません^^

人気blogランキング。為になる書評ブログがたくさんあります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。